2019年12月23日月曜日

プログラミング教育 実践報告会

11月13日(水)にプログラミング教育実践報告会を行いました。当日は千葉県柏市教育委員会教育研究専門アドバイザーの西田光昭先生を講師としてお招きし、ご講演をいただきました。また、公開授業として、小学校の全学年でプログラミング教育を取り入れた授業を行いました。

令和2年度から小学校ではプログライング教育が全国で本格実施されます。多くの学校に先駆けてこの研究に取り組めたことで、本校は次年度以降もスムーズにプログラミング教育に取り組んでいくことができます。



2019年12月6日金曜日

12/6 ロードレース大会

12月6日金曜日、ロードレース大会がありました。
全員がベストを尽くし、無事に走り切ることができました。































































練習の成果が発揮されて、素晴らしい大会となりました。
応援してくださった地域、保護者の皆様、ありがとうございました。

2019年11月26日火曜日

5年生 南崎校外学習

11月26日(火)総合的な学習の時間「小笠原の自然を守る人々」の学習の一環として
南崎校外学習に行ってきました。

1・2年生のときに生活科の学習で南崎を訪れていますが、
その時とは違う視点をもって歩きます。

ノネコを捕獲するためのネコかごが、途中にいくつも設置してあります。
担いで歩いてみると、あちこちにぶつかってしまいました。






























ネコ柵は10月の台風で壊れてしまったそうですが、
カツオドリのひなが順調に育っているのを見ることができました。

ネコかごの餌を交換したり、捕獲したネコを担いで山道を歩いたり、
ネコ柵を作り直すために資材を徒歩で運んだり、
たくさんの人々が、自然や生き物のことを考え、
「今いちばん良いと思えること」を模索し、行動していることを
知ることができました。

7月に父島でネコ待合所を見学させていただいたのを始め、事前学習やこの校外学習で
I-BOのみなさんにいろいろなことを教えていただいています。
いつもありがとうございます。
今後の学習に活かしていきます。




2019年11月2日土曜日

11/2学芸会

11月2日(土)に、学芸会が開催されました。



小学校3,4年の劇「アラジン」





小学校1,2年の劇「りょうりがすきなシンデレラ」






小学校5,6年の劇「立てこもりラプソディ」















中学生の劇「僕のポケットは星でいっぱい」















劇のほか、中学生による合奏や小学生による小笠原太鼓などの演目が行われました。

役を演じるのは勿論のこと、他の学年の演劇や演目の鑑賞から
沢山の学びを得る場となったと思います。
お忙しい中、たくさんの地域の方々にもご来場いただきありがとうございました。

2019年10月17日木曜日

4年生 北村校外学習

 10月4日(金),総合的な学習の時間の一環として,4年生は北村へ校外学習に行きました。

 北港に着いたら,さっそく東台方面へ。30分ほど歩くと,第一住居跡に到着です。






 こんな山奥に昔の人たちの生活していた痕跡が残っていることに驚きです。水槽や,甕,食器,ロース石の流し台などを見つけました。
 その後,第二居住跡へ。ここでも,大量の食器類を見つけることができました。



 見つけた破片をジグソーパズルのようにつなげることができた時には,喜びの表情でした。
 山を下りると,お昼の時間。七輪に火を起こし,それぞれが持ってきた食材をいただきました。




 昔の人たちは火を起こすのも一苦労だったということを体験することができました。
 お昼を食べたら,北村小学校跡へ。校舎の基礎の部分や校門の跡を見て,昔自分たちと同じような小学生がここで生活していたのだと思いを馳せていました。


 今回学習したことは,さらに学校での学習で深め,学習発表会で発表したいと思います。


2019年10月2日水曜日

中学1年生 平島移動教室

9月19日(木)に平島移動教室を実施しました。

当初の予定していた1泊は波の影響でできませんでしたが、
1日で平島での調べ学習や漁業体験など
様々な体験をすることができました。


午前中は船で手釣りをし、魚が大量につれました。


平島に上陸し、磯の生き物と植物の調査を行いました。
日差しが暑く大変でしたが、さまざまな生き物と植物を
見つけることができました。


午後は平島のアナダイの根でシュノーケリングをしました。
東京都レンジャーに教わったもぐり方を実践し、
水中でいろいろな写真を撮りました。


平島校外学習で体験したことや学んだことは
今後まとめて、総合学習発表会で発表します。














4年生 社会科「水はどこから」

 9月18日(水),4年生の学習で乳房ダム,沖村浄水場,母島し尿処理場へ社会科見学へ行ってきました。
 まずは,乳房ダム。ダムの階段を登り,その高さに驚く子供たち。空心菜はダムの水をきれいにするために育てていることを知りました。



 次に,沖村浄水場。浄水場では,まず水の中の汚れを固める薬,PACによる実験をしました。薬を入れ,数分後にもどってくると,見事水の中の汚れが固まっていました。



その後,沈殿池,急速濾過機,浄水池を見せていただきました。何段階にも分けて手間をかけながら,私たちが使う水をきれいにしているのだと学びました。





 最後に,下水道中継ポンプ所,母島し尿処理場へ向かいました。においに驚く子供たち。私たちが使った後の汚れた水をどのようにきれいにしているのかを学びました。水をきれいにする役割をもつ微生物を顕微鏡で見せてもらうことができました。残念ながらこの日は元気が無いようで,あまり動いてはいませんでした。




 実際に見学をすることで,水の循環について実感を伴いながら学習をすることができました。また,私たちの生活を支えている人たちのはたらきについても気付くことができました。


2019年9月26日木曜日

石門学習 2019

母島中学校では、3年生になると理科の学習の一環として石門での学習を行います。
母島固有の動植物が生息する石門。
今年はスッキリした晴れではなく、途中小雨や霧が出る天候でしたが、その条件が石門の生物達に出会うには良かったようで、色々な種類のカタツムリ、キノコに出会うことができました。
生徒たちは積極的にガイドの方に質問をしたり、植物の写真を撮ったり、とても良い学習になったようでした。
環境によって生物が進化しているという不思議を肌で感じた石門学習。
生徒が生まれ育ったこの母島をもっと知るとともに、大切に思う気持ちを深める機会になった一日になりました。



6年生 父島移動教室(2日目)

予定が盛りだくさんの2日目。
まずは朝、父島の気象観測所に行きました。


ラジオゾンデ(高層気象観測装置)の打ち上げを見学させてもらいました。
水素ガスの充てんされたバルーンを実際に持たせてもらい、みんな「浮き上がりそう!」と驚いている様子でした。



午前中は南島に上陸。
波の高い扇浦で、思いっきり遊びました。
昨日i-BOで学んだ生き物についても、思い出しながら観察することができました。


6年生 父島移動教室(1日目)

9月17日(火)~19日(木)の3日間、6年生が父島移動教室に行ってきました。
海の状態が悪く、当日朝まで出発できるかどうかがわかりませんでしたが、結果的には3日間とも天候に恵まれて過ごすことができました。



船を降りてすぐ、太陽染めの体験を行いました。
真っ白な布にスプレーを吹きかけ、上に葉などを置いて干し、色と模様を出します。
仕上がりは明日。お昼ごろに取りに行きます。


夕ご飯までの間に散歩をした際、公園で大きな遊具を発見。
母島にはあまり見かけない、大きな遊具で全力で遊びました。


夜は小笠原自然文化研究所(i-BO)に行って、南島の生き物についての学習をしました。
固有種の虫や、なかなか聞けない鳥の鳴き声について教えていただきました。