2014年9月18日木曜日

小学校6年 総合 タコノ葉細工

今日から6年生が楽しみにしている
タコノ葉細工が始まりました。

タコノ葉細工は、小笠原諸島に多産する
タコノキの葉を用いて製作する小笠原独特の
編物細工です。











第1回目の今日は、ゲストティーチャーの橋本さんに
教えていただきながら、まず山でタコノ葉の採取をしました。











その後学校に戻り、千枚通しとピーラーで葉を2つに裂き
葉の周りのトゲを取りました。











それから、学校の隣にあるロース記念館の大きな釜で
タコノ葉を茹でました。











さらにそれを布で拭いて、丸めます。










最後に干して、とりあえず今日の作業はおしまいです。











これから毎日6年生はタコノ葉を天日干しにします。
乾いた後も、たくさんの作業行程があり、編む作業は
まだまだ先です。

すてきなタコノ葉細工の完成を目指して頑張ってくださいね。