2014年11月6日木曜日

校長室日記 15  考えよう 相手の気持ち 育てよう 思いやりの心

11月4日(月)の朝礼では、思いやりの心の大切さについて次のようなことを話しました。

   ここにいるみなさん全員の存在が大切です。
 もしも、1人でもその存在が否定されれば、、それは、差別であり、無視であり、いじめです。
 そのことは、人間として最も恥ずかしい行為であり、絶対に許されることではありません。

 相手の気持ちを考えてください。
 友達の心の痛みに気付いてください。
 気付いたら、どうしたらよいか考え、実行してください。


 友達と自分との違いを認め合い、お互いに支え合いながら生活していくことの大切さについて、母島小中学校の児童生徒全員が深く考え、思いやりの心を育てていけるように、今後も継続して取り組んでいこうと思います。