2018年12月25日火曜日

12/25 2学期終業式

平成30年度2学期も、終業式を無事に迎えることができました。
今学期も様々な行事や取り組みを通じて、子どもたちの成長を
感じることができました。
















終業式が終わった後、代表学年の児童・生徒から、
今学期の振り返りの発表を行いました。
成果のあったものはよりよい取り組みになるよう継続し、
改善すべきものは改善し、新年も頑張ろうという決意を
新たにすることができました。

















保護者、地域の皆様方のご理解とご協力、ありがとうございました。
子どもたちが新学期、元気な笑顔を見せてくれることを楽しみにしています。
それでは皆さん、良いお年を!

2018年12月20日木曜日

12/20 ウィンターコンサート

12月20日の放課後、器楽部と料理ものづくり部合同の
ウィンターコンサートが行われました。

ウィンターコンサートに向けて制作した作品の展示や
装飾を料理ものづくり部が行い、
同じくこの日に向けて練習した曲を器楽部が演奏しました。

料理ものづくり部の作品紹介から始まり、
器楽部の生徒によるソロ演奏、教員や児童を交えたアンサンブルを披露し、
会場となった音楽室は児童生徒だけでなく、
島民の方々も集まり賑わっていました。









12/20 中学生 書初め練習

12月20日の3・4時間目に、
中学生合同で書初め練習を行いました。

外部から講師を招き、
手本研究や氏名の練習など行いました。

一人一人の書初めに対し、
講師の方から字の太さやバランスなどを
分かりやすくご指導いただき、
生徒たちも真剣なまなざしで取り組んでいました。








2018年12月19日水曜日

租税教室

昨日、小学6年生と中学3年生を対象に租税教室が行われました。

小学6年生は税についてのDVDを鑑賞したり、税の種類について学んだりしました。
実際の1億円の重さを持って体感する活動では重さに驚いている様子でした。

中学3年生は税について講話をいただき、その後お金を分けるゲームなどを通して税について学びました。皆一生懸命考えながら取り組んでいました。







2018年12月18日火曜日

(小1)年長さんを学校案内

12月18日(火)に、小学1年生が保育園の年長組に学校案内をしました。
今回で、保育園と小学1年生の交流は2回目です。
学校探検をしながら、ミッションをクリアするという内容でした。
保育園のみんなも、とても楽しそうに学校を歩き回っていました。
そんな保育園生を案内している1年生が少しお兄さんに見えました。






最後に、タマナ(テリハボク)の実に色をつけて作ったボールの遊び
「たまたまタマナ入れ」を中庭で一緒にして盛り上がりました。


楽しい時間はあっという間でした。ミッションをすべてクリアしたので、「ぶんぶんゴマ」をプレゼントし、終了となりました。
今度は、2月に体験入学を行います。

2018年12月13日木曜日

防災炊き出し

小学校6年生と中学生が合同で防災炊き出しを行いました。

炊き出しではハヤシライスと大豆とひじきの和え物を作りました。

災害時を想定して紙やラップでお皿を作ったり、節水しながらの料理を作ったりしました。

AチームとBチームに分かれて作業し、役割分担をしながら行うことができました。






2018年12月10日月曜日

小笠原高校進路指導

本日小笠原高校から2名の先生が母島中学校に来校し、中学生に向けて進路指導を行いました。

中学2・3年生には今後の進路に向けて、面接と集団討論の練習を行いました。

面接ではどんなことが大切か、集団討論で高い評価をもらう為のポイントなどを分かりやすく教えていただき、生徒は真剣に授業を受けていました。

中学1年生は国語として、漢文の授業を行いました。

内容の読み取りと詩の形式、表現技法について学び、生徒は興味をもって取り組みました。




2018年12月3日月曜日

12/3 母小中に南極の氷がやって来ました!

12月3日のお昼休みに、
海上自衛隊父島基地分遣隊の方が来校され、
南極の氷を持って来て下さいました。





南極の氷は1cm固まるのに約100年間の時間がかかり、
今回持ってきて下さったのは約1万年前の雪が
圧縮されて出来たものだそうです。
耳を近づけると氷の中に閉じ込められた気泡が弾け、
ぷちぷちと小気味の良い音を立てます。
みんなコップに耳を近付け、
1万年前の空気の音に耳を澄ませていました。





































みんなで氷を触ってみたり、
砕いたかけらをかじってみたりしました。
「1万年前の味がする!!」
と大興奮のお昼休みでした。

2018年11月29日木曜日

4年生 明老会交流

4年生が総合的な学習の時間の一環として、
明老会で高齢者の方々と交流をしました。
















最初の活動は焼き芋づくりです。
びっくりするほどの数のお芋があり、
子供たちはとても喜んでいました。































焼き芋づくりの次は、レクリエーションです。
カルタと焼き芋転がしゲームをしました。
どちらのゲームも接戦となり、大いに盛り上がりました。
















最後に、明老会の方々の前で太鼓を披露しました。
演奏後はみんなが喜んでいて、どの子供たちも
笑顔でした。
















子供たちは、高齢者の方々が話を楽しそうにに聞いてくれたことを
とても喜んでいました。

この交流をきっかけにより一層、高齢者への理解を深めて
いきます。

2018年11月27日火曜日

マラソン週間

12月8日のロードレース大会に向けてマラソン週間が始まりました。
各学年の走る距離は
小学1年生は3分間でどれだけ走れるか
小学2年生は5分間でどれだけ走れるか
小学3、4年生は2kmと3kmのどちらか
小学5、6年生は3kmと4kmのどちらか
となっています。
















全校マラソンとして中休みの15分間全員で走りました。
昨年より少しでも良い記録を残せるよう頑張っていきます。

2018年11月26日月曜日

期末考査1日目


本日から中学校では3日間の期末考査が始まりました。

1日目の本日は技家・数学・社会のテストが実施され、
生徒は真剣に問題に向き合っていました。

2日目の明日は美術・国語・音楽、
3日目の明後日は保体・理科・英語が行われます。




2018年11月12日月曜日

11/8,9 PTA陶芸教室 施釉

11月8日、9日の二日間、
PTA陶芸教室の施釉を行いました。
施釉とは釉薬と呼ばれる、
陶器を覆っているガラス質の部分を
素焼きした作品にかける作業です。
かける時は泥のような液体ですが、
これを陶芸窯で約1250℃まで熱することにより、
綺麗なガラス質の光沢で作品が覆われます。
















完成品は1月の学習発表会で展示します。
楽しみにしていてください。

2018年11月9日金曜日

11/7~9 赤い羽根共同募金

11月7日から9日の3日間、
赤い羽根共同募金を実施しました。
集めたお金は地域で必要なものを購入したり、
災害・被災地支援等に使われます。

















地域に貢献するという意識をもって、
募金活動を行うことができました。

11/8,9 村避難訓練・防災訓練

11月8日、9日の二日間、
東京都と小笠原村の合同避難訓練・防災訓練を実施し、
小中学校で参加しました。
8日は東京消防庁の方から防災に関する授業をしていただきました。




2日目の9日は、村の合同避難訓練に参加の後、
体育館で防災訓練を実施しました。
煙体験ハウスや地震動シミュレータなど、
貴重な体験をさせていただきました。




















本校ではこれからも、定期的な避難訓練を実施し、
防災教育に努めていきます。