2019年2月25日月曜日

学年末考査

本日、母島中学校は学年末考査1日目です。

1時間目は音楽、2時間目は美術、3時間目は国語のテストが行われました。
最後までよく見直しを行い、真剣に問題に向き合っていました。

明日は理科、保体、英語、
明後日は社会、技家、数学のテストが行われます。

1年間の各教科の学習を振り返り、
学習の成果を出せるように取り組んでほしいと思います。


2019年2月20日水曜日

パンの日

本日は学期に1度のパンの日でした。
父島のローカルベーカリーさんから
「島トマトのミートソースおやき」が届きました。
島の食材を使った特別なパンを、全児童生徒みんなで楽しみました。





2019年2月15日金曜日

6年生を送る遠足・6年生を送る会

6年生を送る遠足・6年生を送る会


2月15日(金)に、6年生を送る遠足と6年生を送る会がありました。
お天気が心配されましたが、当日は朝からいいお天気で、
絶好の遠足日和となりました。

この会へ向けて5年生は、6年生や下級生たちに楽しんでもらえるよう
遠足の内容を考え、準備してきました。

学校を出発し、第一ポイントへ向かいます。





第1ポイントでは、クイズが出されました。
班で協力して答えを出します。

第2ポイントにつきました。















第2ポイントでは、各グループにミッションが出されました。

小剣先グループ・・・校歌を学校に届く声で歌う
前浜グループ・・・・砂アートで亀をつくる
御幸が浜グループ・・くじらの生態を身体で表す

どのグループも協力して楽しくミッションをすることができました。

第3ポイントは、評議平です。
早くついた班から、ドロケイをして遊びました。

















遊んだところで、各グループごとにお弁当を食べました。

お弁当を食べ終わったあと、学校へ戻りました。

午後からは、6年生を送る会です。
体育館で、1年生から順に「6年生ありがとう」の気持ちを込めて
出し物を行いました。





そのあと、6年生から言葉をもらいました。





最後に全員で記念写真を撮りました。




今日は6年生との思い出がたくさん作れました。

卒業まで、あとわずかです。
中学生になっても、がんばってほしいとみんな思っています。

6年生、今までどうもありがとう!

2019年2月13日水曜日

小学校 音楽発表会

2月13日(水) 小学校の音楽発表会がありました。

1年生は初めての音楽発表会、
そして6年生は小学校最後の発表会です。
各学年の発表ではそれぞれ
「歌」と「合奏」を発表しました。

たくさんの人の前で演奏することに
緊張している様子ではありましたが、
練習してきた成果を発揮し、
曲の面白さを表現することができました。


2019年2月12日火曜日

母島小学校体験入学(授業体験)

2月12日(火)に、保育園年長組の体験入学がありました。
今年度になって、3回目の交流です。
(1学期→園庭遊び 2学期→学校案内 3学期→授業体験)

今回は、授業体験ということで、
教室で1年生と一緒に学習をしました。
最初は、じゃんけんゲームで緊張を少しほぐし、
その後、国語では、「迷路」(運筆力の向上)と
「自分の名前」(しおりの作成)をしました。
そして、次は算数で、「じゃんけんたし算」と
「1~20の点つなぎ」をしました。
保育園年長組のみんなも、椅子に座って、よい姿勢を意識して、
45分間、しっかりと学習に取り組むことができました。
そして、どれもゲームの要素があったので、
楽しそうにしている様子も見られました。
1年生も、年長さんの近くで
優しく教えてあげる姿が見られました。素晴らしい!






























年長さんは、あともう少しで1年生。
1年生は、あともう少しで2年生。
来年度に向けてのワクワクが高まった一日になりました。

2019年2月7日木曜日

小6 中学校体験入学

 2月6日(水)小学校6年生の6名が中学校に1日体験入学しました。
 朝の登校はドキドキで、なかなか中学校の教室に入れなかったようです。

  時間割は
 1時間目は道徳、2時間目は数学、
 3時間目は国語、4時間目は社会、
 5時間目は英語、6時間目は学活でした。



 毎時間先生が変わるシステムに驚きながらも、
 充実した一日を過ごせたようです。
 1日の感想を言う場面では、

 「中学校生活が楽しみになった。」

 という意見が多い中

 「勉強についていけるか少し不安。」
 「今から小学校の復習をして中学校に備えたい。」

 などの意見も出ました。

















小学校での生活も残り僅かとなりました。
中学校でいいスタートが切れるよう、
1日1日をより大切に過ごしていきたいと思います。

2019年2月4日月曜日

ふれあい天文学

毎年、国立天文台の方を講師としてお招きし、
宇宙についてわかりやすく
教えていただく「ふれあい天文学」が今年度も開催されました。

小学校では、3年生から6年生が参加しています。
話を聞きながらも
「えっ?!太陽の隣の星ってそんなに遠いの?!」
「宇宙に、はしっこがあるの?!」
と、子どもたちは目を丸くしてつぶやき、その度に先生は
「そうだよ。例えばね…」
と説明してくださいました。
お土産に星座早見をいただき、子どもたちは
「さっそく観察したい!」
とはりきっていました。
最高の星空を堪能できる母島で、より興味を深める機会になりました。





















中学校では、宇宙の始まりから宇宙の広がり、
そして太陽系の惑星のことなど、様々な話を
美しい写真とともに説明していただきました。
「身近な天体である太陽まで、おがまるで行くとどれだけ時間がかかるか?」
というクイズの答えが、何百年もかかるということを聞き
「えっ~!」と驚いた様子でした。
身近なものを例にして、宇宙のことをわかりやすく
楽しく教えていただいた今回の「ふれあい天文学」。
感想として「天文学者になりたい!」と思う生徒もいて、
改めて宇宙への興味関心を深められた一日になりました。