2020年2月10日月曜日

2/10 ふれあい天文学

母島小中学校では、毎年国立天文台の方を講師として招き、
宇宙について詳しく教えていただく
「ふれあい天文学」の授業を開催しています。

2月10日月曜日に行った今年の授業は
「ブラックホール」をメインのテーマとし、
小学生はかるたやクイズ、
中学生はクイズと映像を交えた講義で、
天体研究の最先端について触れる時間となりました。



















昨年、人類史上初めて写真でその姿を捉えられ、
大きなニュースにもなったブラックホール研究。
星や宇宙の起源を探るための研究が
どのように行われていたのか、
講師の方の話を興味津々に聞き入る子供たちの姿が
印象的でした。